慰謝料とは、さまざまな理由で名誉や自由などが不法に侵害されたことに対する賠償を意味します。夫婦間で多いのが、どちらかの不貞行為が発覚し精神的に苦痛を感じたとして慰謝料を請求するケースです。不貞行為による慰謝料請求について知っておいたり、慰謝料弁護士を使うことで、手続きをスムーズに進めることができます。

気になる慰謝料の相場と減額について

パートナーの不貞行為は、今後の結婚生活の継続についても考えなければならない問題です。離婚するにしても結婚生活を継続するにしても、不倫が原因で受けた精神的苦痛は慰謝料と言う形で清算することができます。気持ちの面ではお金で解決できる問題ではありませんが、慰謝料を支払うということは誠意を表す一つの方法です。慰謝料請求をする相手は、夫または不倫相手となります。金額の相場は、不倫によって受けた損害によって異なりますが、決まりがないため状況によって差があるのが特徴です。一番慰謝料が高いケースは、離婚に至った場合で200~300万円程度が相場と言われています。しかし、性交渉を拒否していた経緯や自分にも落ち度とみなされる内容があった場合は、慰謝料が減額されることも少なくありません。慰謝料弁護士とよく相談しましょう。

慰謝料請求の方法と法律事務所の利用

慰謝料を請求する方法はとてもシンプルです。浮気相手または夫に対し、精神的な苦痛を受けたとして金額を提示し支払いを求めましょう。その際には、証拠となるように内容証明として経緯や金額などを明記することが大切です。内容証明を利用して請求することで、トラブルを回避することができます。相手が受け入れない場合は、調停申請や訴訟を検討しましょう。離婚を視野に入れている場合や円満解決が難しい場合は、法律事務所へ相談する方法もおすすめです。お子さんがいる場合は、親権ついても争点となるため専門知識や経験豊富な慰謝料弁護士などに味方になってもらうことでスムーズに進めることができます。不貞行為の証拠がある場合には、慰謝料請求や離婚調停の際にも有利になるため集めておくことがポイントです。

訴訟による慰謝料請求のメリットとデメリット

訴訟による慰謝料請求を行う際には、メリットとデメリットについて知っておきましょう。メリットとしては、パートナーの不貞行為に区切りをつけ、今後の抑止力につなげられるという点です。何度となく浮気を繰り返すパートナーもいますが、訴訟は精神的にエネルギーが必要なことであるため、効果が期待できます。デメリットとしては、不倫の証拠を見つける必要があることです。探偵事務所を利用する場合、コストがかかることも頭に入れておきましょう。慰謝料請求を行った後の夫婦関係の在り方は、それぞれの夫婦によって異なります。結婚生活を継続する夫婦もあれば、離婚をして再スタートをする夫婦もいます。よく話し合ってお互いにとってプラスになる道を選ぶことが大切です。