車が相手で事故があると、ケガが付いてまわります。病院に行けば大概のケガなら治ります。ただケガを治しただけでは、その治癒に掛けた時間や労力は戻ってきません。ある程度の知識を持ち、事故がなければ失わなかった時間やメンタルをしっかりと慰謝料に換えましょう。加入している保険会社だけでなく、慰謝料弁護士を雇うことも大切です。

体の痛みがなくなると辞めてしまう通院

まず事故に遭ってしまった場合、必ず病院に行くことをオススメします。相手側が原因で事故があった場合、治療費や治癒するまでの期間に対しての慰謝料が支払われます。
軽度と思われる事故の場合、病院に行くと1~2週間後に再診察になることがほとんどです。その間に体から痛みが無くなると病院に行かなくなってしまう方がいます。たしかに痛みは無くなったのかもしれませんが、そこで要注意です。事故の衝撃は後で痛みがでる事が多く、不意の事故の場合は体が防御反応して痛みを抑えることがあります。治ったと勘違いしないでください。それは外見では見ることが出来ない、内部の損傷によく見られます。鉄の塊が自身の体に衝撃を与えているのですから、体のスジや関節が損傷していてもおかしくありません。体の痛みが完全に消え、自身が納得いくまで通院し、完治させてください。

自身の時間と労力は慰謝料として受け取るべき!

体が痛い中、病院に通うことは苦痛になります。日常生活の上で自身の都合に合わせるのも難しく、通院が遠ざかってしまいがちです。しかし、体は治療しなければ痛む期間が長く、悪くなると後遺症となってしまうこともあります。貴方の体の為に通ってください。
病院に行くまでの時間や労力が無駄に感じてしまうかもしれません。しかし車には自賠責保険や任意保険がもしもの為にあります。必要なら慰謝料弁護士を依頼しても構いません。通院する為の治療費や、通院時の苦労は慰謝料というお金になって支払われるシステムです。『時は金なり』ということわざがありますが、保険のシステムだと自身の時間はお金で取り戻すしか出来ません。だからこそ、体の痛みや時間をお金に換算してもらい、代償として受け取ることは大切なことになります。

ムチ打ちや関節痛を妥協しない強い心

外傷にならないケガで言えば、からだ内部の痛みや神経痛などで自分自身にしか分かりません。病院では全治○週間、○ヶ月など、診断書を書かれたりもしますが、それが全てではなく医師が判断している事はあくまでも『見込み』になります。検査といえば整骨院や整形外科で受けます。医師が患者に問診で問いかけ、体を故意に動かすことで調べたり、CTスキャンで骨の状態を表面化させ、変形や異常が無いかを調べるだけです。医者が分かる事には限度があります。遠慮は要りません。しっかりと自分の体の状態を伝えるようにすることが大切になります。自分自身の痛みや変化をしっかりと問診で医師に伝え、完治するためのリハビリを行いましょう。
その為に掛けた時間は自身の為であり、慰謝料というお金に換え、心も体も癒してあげてください。